東京理科大学の工学部建築学科の公式サイトです。

建築学科のアーカイブDEPARTMENT

  • 建築学科の概要
  • 建築学科の歩み
  • 建築学科のアーカイブ

卒業論文β方式

2017

題目氏名

市街地延焼シミュレーションを利用した東四つ木3・4丁目の延焼被害分析と避難対策

宮崎 進

多点同時微動測定に基づく女川原子力発電所3 号機原子炉建屋の水平及び上下振動特性

磯部 一成

業務建物における空調運転の実態調査及び標準的な室使用条件に関する研究

岩垂 直人、 海老原 雄輝

応急危険度判定制度の副次的目的である被災者の精神的安定の達成のために
―緊急支援ボランティアによる応急危険度判定結果の利用の際に生じる障壁―

鈴木 貴大

火害を受けた高強度コンクリートの耐久性に関する研究

田中 智大

木質パネルの防音効果に関する研究

西山 大貴

校倉造りの構法的な特徴と変遷に関する研究
―壁体とそのまわりの部材に着目して―

三浦 一輝

FEM解析に基づくパイルド・ラフト基礎におけるラフト厚みと鉛直支持力及び沈下特性の関係

目木 隼人

都内鉄道高架下有効活用の構成要素に関する考察

會澤 隆太

水平2方向加力時における歪速度が高減衰積層ゴムの応力分布性状に及ぼす影響

秋葉 雄太、 小泉 研人

農山漁村地区における「お試し居住」の実態と可能性
―千葉県の6市町村を対象にして―

秋元 絵美香

免震用鉛ダンパーの力学的特性に関する研究
―ポリウレアを塗布した場合の実験および形状について―

秋山 錬正

夏季の小学校教室における冷房・照明の適切な運用方式に関する研究

芦野 和輝

鉄筋コンクリート構造半固定柱脚に関する研究
―テーパ ー部を有する半固定柱脚の構造実験―

安藤 敏史

制振材を添加したポリウレア樹脂の減衰性能の評価に関する実験的研究

池田 椋

夏期の集合住宅における通風促進のための窓開閉方法の検討

伊藤 颯馬

多点同時微動測定に基づく免震構法建屋と在来構法建屋における梁部材の振動特性の比較

稲垣 遼

業務用厨房における空調擾乱が排気捕集率に及ぼす影響とCFD解析による捕集率再現モデルに関する研究

井上 恵理子

テンセグリティの建築物への適用に関する実践的研究

岩井 徹

H形有孔鉄骨梁の高温時挙動の解析

大田 幸照

ベイズ推定を用いた年間熱負荷推定法における観測対象と精度向上に関する研究

大平 達也

多点同時微動測定に基づく損傷建物の梁部材の曲げ変形および軸変形の振動特性

岡村 洋臣、 中島 健多郎

国立西洋美術館本館における非破壊試験によるシラン系含浸材の効果検証方法に関する研究

小澤 萌子

常時微動測定に基づく地盤との動的相互作用を考慮した軟弱地盤上の建物の振動特性

尾沢 諒一郎、橋本 脩平

集合住宅における窓開閉状況調査による実態把握に関する研究

小野 敦司

千代田区における遊戯道路の特徴及び再生の可能性
―昭和と現在との比較を通して―

賀 繹思

漏気のない室の動的定常濃度に基づくトレーサガス実験法の適用に関する研究

川村 弾

未利用エネルギーを用いた熱源水ネットワークの地域別導入効果と計画手法の提案

木村 哲也

河川近くに計画された市庁舎における通風環境の数値予測に関する研究

清輔 隼仁

中国山西省の「太原明県城」における四合院住宅の空間形態に関する考察

牛 偉強

CFDによるガスコンロ上の熱上昇気流のモデリングに関する研究

櫛田 寛子

ポンプの搬送動力低減のためのシステム改善手法の提案

桑田 哲平、 藤垣 茉友

清代正定古城の都市構造と城内寺廟の分布特性に関する考察

高 飛

生物模倣性(バイオミミクリー)を建築構造に実践するための調査および研究

小松 伶衣

層間変位に着目して制振ダンパーの配置方法を最適化した多層偏心構造物における振動特性

小松原 知将、能勢 晃

オフィスビルにおける建物モデルの熱負荷比較及び建物規模による外皮熱性能の影響に
関する研究

酒部 亮佑

深層ニューラルネットワークによる鋼部材の履歴挙動の推定と中間層の考察

崎山 夏彦

損傷した立体鉄骨骨組の補修後の終局耐震挙動とねじりモーメントの影響に関する実験的研究

作間 景

パッシブタウン黒部モデル第Ⅰ・Ⅱ期住宅のCFDによる通風性能予測に関する研究

櫻井 園子

中世仏堂建築における桔木構法と軒出に関する研究
―修理工事報告書の分析を通して―

篠倉 一希

シェアハウスの共用空間と個室空間の空間的配置に関する研究

佐藤 輝一

日本の膜構造建築物における構造形式と張力導入方法の分類と考察

柴田 かおり

羽根付き鋼管杭と上部柱一体化工法の耐震性能に関する研究
―円形及び角型鋼管柱の接合部耐力に関する実験的研究―

城島 果歩

BIMと一貫構造計算ソフトの連携に関する研究および超高層建物における新構造システムの
振動解析による研究

関本 拓郎

地域別未利用エネルギーの温度整備及び導入による省エネルギー効果

関谷 まりい

常時微動を用いた、木造家屋の危険度判定予測手法に関する研究
―熊本地震2016における木造家屋の調査を例として―

千葉 祐輔

空気浮揚システムを活用した3次元免震装置(Air断震)の開発に関する研究
―3次元試験機による性能評価とロッキング有無についての実大実験―

中条 愛奈

鉄骨嵌合式接合部の曲げ耐荷機構に関する有限要素法解析による検討

塚田 珠莉

減衰を付加した制振天井の実用化に関する研究
―引張型オイルダンパーを用いた制振天井の実験―

豊嶋 夏菜子

大正末期~昭和初期における事務所建築構法の歴史的変遷

西 祥汰

高速道路SA高品位トイレにおける適正換気量に関する研究

長谷川 秀

集合住宅における建物特性と通風による省エネ効果の検討及び開口風量最大化に関する研究

長谷川 達哉

損傷した鉄骨ブレース接合部の補修後の力学特性に関する部分骨組試験模型による実験研究

長谷川 大樹

伝統木造住宅保存修理工事における構造補強手法の特徴

樋口 惠

版築-鉄骨合成構造の力学特性に関する実験研究と理論的考察

深澤 太郎

ドライミストによる屋外環境の冷却範囲に関する数値予測に基づく研究

藤川 蓉平

スケーリング・フレーム構造の低サイクル疲労特性と損傷評価法に関する研究

藤島 美穂

産業革命の展開と鉄骨造建築の変遷に関する考察

星野 拓美

実街区に建つ住宅に関する実験的な通風性能評価及びCFDの再現性に関する研究

本間 陽樹

港区の寺町における境内地の変遷に関する研究
―三田四丁目周辺を対象として―

水木 聡太

葛飾区金町における飲食店内部空間の特性

水田 圭

パッシブタウン黒部モデル第Ⅱ期住宅における最適な窓開放条件に関する研究

御園生 美久

高強度繊維を活用した木造耐力壁に関する実践的研究
―新たな木造耐力壁の実用化を目指して―

三橋 弘行

スケーリング・フレーム構造による多層制振木造軸組の終局耐震挙動に関する解析的研究

三橋 悠花

集合住宅開放廊下・インナーバルコニーに設置されたガス給湯器の排気滞留性状と設置基準に
関する研究 ―端部設置または並列設置の場合―

宮本 雄仁

パッシブタウン黒部モデル住宅における環境調節行動と快適性に関する研究
―導入設備の異なる街区による比較―

村上 菖

荒川区における町会活動とその場所に関する調査研究

保谷 しおり

環境配慮型集合住宅における住戸別・暖房方式別の温熱環境性能比較

山本 彩

中国の震災と防災対応の歴史からみる耐震意識の考察
―四川地域の地震を例として―

李 竹

近年の谷根千における個人店の変遷に関する考察
―不忍ブックストリートの分析を通して―

鷲尾 雄紀

長周期地震動対策を目的とした高性能繊維ロープの実用化に関する研究と解析

渡辺 祐里香

<< 建築学科のアーカイブ一覧へ戻る

このページの先頭へ